スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

About all sections

2010.11.28 Sun
Hello, my name is Fu.
I joined MP10 as a member of Make up & Costume section.
In MP11, I would like to work as one of the head members.

Today, let me introduce you about all the sections in MP11.
We have 6 kinds of sections and each of them plays particular important role.

In MP, normally we have “Joint Rehearsal” for about first 2 weeks with all members,
and after that, we separate into each sections and do their own jobs.

◆ Setting & Property
First, we share the images of each scene with drawing. Then put them into more concrete design like the settings on the stage.The point is the ideas! After we move to Kodaira(we, the make up & costume members and setting & property members move to Hitotsubashi university's Kodaira campus to work in March leaving other members), start buying the materials and making them, and continue designing the settings &properties.

The settings are so big and nobody carry it to the rehearsal place, so other members will see it on the performance day for the first time. It’s gonna be so exciting!

With Setting & Property, we put our imagination into the real stage. We make the whole world on the stage! Depends on the Setting & Property, the stage can be anything.


Make up & Costume
About costumes, first we share the color image of the characters, and start drawing costumes of each character. Then we share all ideas and make the best design. After we move to the Kodaira(same as setting & properties, we, the make up & costume members move to the working place in March), we start buying materials and sewing, and at the same time continue designing other characters.

About making up, at first we take pictures of all casts, and make the face plans. We learn how to do it, and we try them on the casts the performance day.

With Make up & Costume, we create any kinds of creations on the stage!
Only one costume or making up can make the cast live or dead. It’s worth the work.

◆ Light
First, we get the color films which we use for the light to know the real colors. Then we share the color image for each scene from the script. At that time, we have to consider the place and time of the scene. And, we start making a plan of the light. With seeing the rehearsal, we check the movements and lines of the casts, and we try to get the right timing for the light and find the best way of light. Sometimes, we go to the workshops of light. In MP, we have some professionals of stage light, so we can learn professional way. The work of making light plan lasts till right before the performance. Considering all costumes, settings, properties, casts, we decide the best way of light.

Through the light, we express the air of the scenes, or the feelings of the charactors. Every color has the meaning. Also, the light connects or divides everything on the stage. We give the light and dark.


◆ Sound
In sound section, we are in charge of Acoustic effect and control all kinds of Microphone. With deep communication with Musicians, we put all sounds in balance. In this work, we can learn professional particular skills of sound. For example, you can know how to use the microphone on the stage, or how to use particular machines behind the stage.
First we discuss about the acoustic effect of all scenes, and find the best sound for each scene. This work lasts till the performance day. At the same time, we get used to use all machines and make the planning sheets of microphone. To do this, we have to see the rehearsal all the time to know the direction and communicate with musicians.

Only one sound can make any place, or any time on the stage completely. Up to the sounds, the songs or lines reach the audience or not.

◆Musician
We practice the music at different place from the rehearsal place. Toward the run through once a week, we just keep on practicing. The important point is having a great chemistry with the casts. Mostly the chief or the professionals make the scores, but every one of musicians are needed and we don't have covers. We exhibit our originality.

Without musicians, the show doesn’t go on. We play the music, which is the most fascinating part in MP.

◆ Cast
First, we read all script to know the whole process of the play. Then take some training from the director, and try to memorize all dances and songs. Mostly we practice scene by scene. The directions and choreographs change frequently so it’s complicated, but we just continue practicing and promote better understanding till the performance day. The director is normally with casts and leads us.

We are the representations. We are the one who gather the thread of story.


Could you understand how to make the stage?
Every section has a lot of jobs to do and huge responsibility,
But every job is so creative and worths the work.

So, join us and let’s make the great stage with us!
We’ll welcome you anytime.

Thank you for reading,
Love

Fu




はじめまして、ふーです。
MP10でメイク衣装を担当し、MP11でヘッズとして参加する予定です。

MP11での各セクションのご紹介をさせていただきます。
全部で6つのセクションがありますが、各々のセクションが舞台を作るうえで欠かせない、重要な役割を持っています。

MPではキックオフ直後に、セクション関係なく、メンバー全員が揃ってジョイント・リハーサルを二週間にかけて行います。その後、各セクションに分かれてそれぞれの仕事を行います。その具体的な仕事内容について今からご紹介します。

◆ 大道具、小道具
はじめに、それぞれのシーンの舞台のイメージを絵に描いて共有します。そしてそれを具体的な大道具のデザインにしていきます。この部署はアイデア勝負です!大道具、小道具のメンバーは3月に入るとリハーサルの場を離れ一橋大学の小平キャンパス内の作業場に移るのですが、移った後は材料の購入をはじめ、実際に作り始めます。ほかの大道具、小道具のデザインも同時進行に行います。
大道具はとても大きくてリハーサルの場に持っていけないので、ほかのメンバーは本番当日にはじめてその大道具を目にします。みんなとても興奮します。

大道具、小道具は想像の世界を現実の舞台上に表現する仕事です。舞台の世界を一から創ります。大道具、小道具によって舞台は何にでもなり得るのです。

◆ メイク衣装
衣装について。まずそれぞれの登場人物のイメージカラーを皆で考えます。それを共有したあと、個々人でそれぞれのキャラクターの衣装を絵にします。そのなかからいいアイデアを使い、衣装を最終的に決めていきます。メイク衣装部署のメンバーは3月からリハーサルの場を離れて小平の作業場に移るのですが、移ってからは布を購入して実際に衣装を作り始めます。それと同時に決まっていないほかの登場人物の衣装を考える作業が続きます。そうやって本番までの時間を衣装制作に使います。
メイクについて。まず全員の主演者の顔写真を撮り、メイク計画を立てます。そして当日までに舞台メイクについて専門家や本から学び、パフォーマンス当日は一番役者に合うメイクをします。

メイク衣装によって、舞台にどんな生き物も登場させることができます!メイク衣装一つで役者を生かせることも死なせることもできる、やりがいのある仕事です。

◆ 照明
まずはじめに、舞台照明で使う色を知るために、色のフィルムを手に入れます。そしてそれぞれのシーンの色のイメージを共有します。そのときに、そのシーンの場所がどこなのか、時間帯はいつ頃なのか、ということも考慮しなければなりません。そして照明計画を立て始めます。リハーサルを見ながら、役者の動きや台詞を確認してタイミングを計る訓練をし、一番効果的な照明について考え続けます。時には外部の照明ワークショップに行って学びます。MPには舞台照明のプロがついているのでプロの照明を学ぶことができるのです。照明計画の作成は本番当日まで続きます。すべての要素、衣装や大道具小道具、出演者が出そろってはじめて、それらを考慮に入れて最高の照明計画を立てられるのです。

照明を通して、劇の雰囲気や役者の感情を表現します。すべての色に意味があります。さらに、照明によって舞台上にあるものすべてを繋ぐことができ、また、分けることができます。舞台に光も闇も与える、重要なセクションです。

◆音響
音響と言っても具体的に想像しにくいかもしれませんが、主に音響効果とマイクの調節をする部署です。ミュージシャンと綿密にコミュニケーションを取りながら、すべての舞台上の「音」をバランスよく調節していきます。この仕事では、プロの音響のスキルを学ぶことができます。例えば、何種類もあるマイクの使い方、舞台裏の音響装置の扱い方などを学べるのです。

仕事内容は、まずすべてのシーンの音響効果について話し合い、一番効果的な音を見つけます。この作業は本番当日まで続きます。試行錯誤の連続です。同時に音響装置に慣れる訓練をし、マイク計画を立てます。これらの作業をするために、演出を精確に知り、ミュージシャンと常にコミュニケーションをとらなければならないので、音響のメンバーは毎日リハーサルの場に来ます。

音響一つで舞台はどんな場所にも時間にもなり得ます。役者の歌や台詞がどのように客席に届くかもこの音響の手にかかっています。

◆演奏者
演奏者はリハーサル場とは異なる場所で練習します。役者と合同の週に一度の通し稽古にむけて、ひたすら練習を重ねます。また、役者との息の合わせ方も重要なポイントになってきます。作曲、編曲は主にチーフやプロが行いますが、個々のミュージシャンに代役はおらず、それぞれの個性が最大限に発揮されます。

舞台の主役ともとれるミュージシャン。彼らなしには舞台は進みません。MPの舞台の最大の魅力である音楽を奏でる、楽しいセクションです。

◆出演者
はじめに台本を通読し、劇の流れを知ります。そして演出家から演技のトレーニングを受けつつ、歌や踊りを覚えるところからはじめます。主にリハーサルはシーン毎に行われます。演出や振り付けはしばしば変更されとても混乱しますが、本番当日までひたすら練習を重ね、役の理解を深めます。演出家はほぼ毎日出演者につき、彼らを指導します。

舞台での表現者。彼らが物語を紡ぐ張本人です。


舞台がどうやって創られるか、少しは理解していただけましたでしょうか?
どのセクションも責任は重く大変なことには変わりありませんが、
どれをとってもとてもクリエイテブでやりがいのある仕事です。

みなさんもぜひ、一緒に素敵な舞台を創りましょう!
いつでも歓迎いたします。

それでは、長文失礼いたしました。
愛を込めて。

佐藤文子

スポンサーサイト


カテゴリ:Sections | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<Workshop Day | ホーム | Your first step with us!!>>

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://mp11setup.blog75.fc2.com/tb.php/32-ecadbb8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。